当院について

当院について

拝島駅前オパール歯科クリニックは、皆さまにとって最善の治療をご提供できるよう努めます。

拝島駅前オパール歯科クリニックは、皆さまにとって最善の治療をご提供できるよう努めます。まずはしっかりどういったお悩みやご希望があるかお聞かせ頂きます。

その上で最善の治療を一緒に追求していきたいと思っております。

最善の治療をご提供するために治療環境にもこだわっております。

1.コミュニケーションへのこだわり

まずはしっかりお話をお聞かせ頂くことを大切にしています。診療スペースに入ってすぐのところにカウンセリングルームを設けております。

しっかりとお悩み、ご希望をお聞かせください。

患者様のお悩みに沿って最善の治療をご提供したいと思っております。

2.器具へのこだわり

当たり前のようでとっても大切な器具滅菌へのこだわり。世界基準の滅菌器を設置!

ヨーロッパ規格EN13060ではクラスB、クラスS、及びクラスNという3種類の滅菌サイクルのクラスがあります。その中でクラスBサイクルだけが全ての形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できるとされています。当院は患者様の安全安心を第一に考え、このクラスB滅菌器を設置し、器具の滅菌に徹底的にこだわっております。

3.機械へのこだわり

最先端クラスの3D・CTを導入。

いまやあらゆる治療に必要と言われるCTを導入し、しっかりと診断にこだわっております。

また当院のCTは被爆量が従来の歯科用CBCTに比べてグッと少ない製品であり、患者様のリスクにも配慮されております。

4.水へのこだわり

「いつもうがいされているその水、キレイですか?」

当院はユニット配管のお水をキレイに保つ機械、中性電解水クリーンシステム『ポセイドン』を設置しております。

1990年代より、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。

バイオフィルム=細菌のかたまりによる汚染がなぜ歯科ユニットの給水管内で起こるのか、原因としては、夜間歯科ユニットの給水系チューブ内の残留塩素が減少してしまうため、水道水が本来有している塩素がなくなり、そのため細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成するとおもに考えられております。

現状では多くの歯科ユニットにおいて、水質管理の目標値を大幅に上回る細菌が検出されていますのが現状です。

こういった現状に対し、残留塩素濃度を補正し歯科ユニット給水管内の衛生環境を保つポセイドンが注目を浴びています。

当院では、治療に使うお水から患者様がうがいするお水ひとつにもこだわって、このポセイドンを設置しております。

水へのこだわり

5.空気へのこだわり

院内全壁に光触媒を塗布。

光触媒は太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料です。

つまり、抗菌、防臭、浄化作用により院内環境をクリーンに保ってくれています。

これらのこだわりは、医療機関なら当たり前じゃないの?と思われるかもしれませんが、

コストも時間もかかるため、どこの医院でも徹底されているとは言えません。

地域の方には、安心安全なことはもちろん、気持ちよく治療を受けて頂きたいという想いを大切にしています。

  • 診療時間/曜日
    9:00~13:30  
    15:00~20:00  

    ☆土・日・祝日の午後は18:00まで診療

    〒196-0003 東京都昭島市松原町4-12-19

  • 患者様の通いやすさを追求...急な痛みの際にも“かかりつけ医”の安心を。
© 2020 オパール歯科クリニック
PAGE TOP