歯科口腔外科

歯科口腔外科について

口腔外科とは、むし歯や歯周病以外の口の中から外にいたるまでの治療を行う分野です。主に抜歯など外科的な処置が多い治療分野です。その他、歯茎、顔が大きく腫れてしまった、歯や顎をぶつけたなどの外傷、口内炎などの粘膜の治療、顎関節などの治療を行います。

気になることがありましたら、なんなりとご相談ください。

このような症状は口腔外科の治療です。

①親知らずが痛い

親知らずとは第三大臼歯と呼ばれ、8番目の奥歯のことです。20歳前後で生えることが多いのが特徴ですが、口の中に少ししか生えなかったり、傾いたり横を向いて生えてくることで、細菌が溜まりやすく、腫れたりむし歯になるなどのトラブルを起こしやすい歯です。

トラブルの原因となる場合は抜歯をオススメすることが多いです。

②歯茎が痛い、顔が腫れた

親知らずに限らず他の部分が普段よりも強く腫れてしまった時も、口腔外科として特別な対応が必要となります。

膿が溜まってきた場合は、歯茎を切り膿を出す処置をしたり、お薬を飲んで腫れを抑える必要があります。

③歯茎や頬にできものができた

お口の中のできものはすべて口内炎というわけではありません。いわゆる口内炎であることもあれば、良性腫瘍、悪性腫瘍であることもあります。

気になるできものがあれば一度ご相談ください。

④顎が痛い、カクカク音がなる

顎の関節を顎関節といい、その関節に起きるトラブルを総称して顎関節症といいます。

咬む時に顎が痛い、顎がカクカクと音がする、開けづらいなどの症状も口腔外科での治療となります。

  • 診療時間/曜日
    9:00~13:30  
    15:00~20:00  

    ☆土・日・祝日の午後は18:00まで診療

    〒196-0003 東京都昭島市松原町4-12-19

  • 患者様の通いやすさを追求...急な痛みの際にも“かかりつけ医”の安心を。
© 2020 オパール歯科クリニック
PAGE TOP